本名(名字)にちなんだブログ名に変更
これでもかと、しつこく追いかけている富士重+HIMRのD8002。
9/24~9/30の間は25日と26日のみ稼動確認、24日,27日,30日が車庫確認できました。

関東バスD8002番車
中野五丁目にて 2007/9/25撮影

関東バスD8002番車
新井五差路にて 2007/9/26撮影





スポンサーサイト
“バスマガジンvol.25”の“バスうんちくネタ講座”の中の“降車専用「途中停留所?」”に“新井薬師駅北口降車場”が登場し、写真の説明の中で、車内アナウンスも“新井薬師駅北口降車場”と説明書きされていますが、関東バスがこのアナウンスであり、国際興業バスは“新井薬師駅北口”とアナウンスをし、“降車場”を省いてます。
なお、国際興業バス池袋営業所の路線図には“新井薬師駅北口(降車専用)”と路線図に掲載されていますが、関東バス丸山営業所の路線図には“新井薬師駅北口降車場”は掲載されていません。


新井薬師駅北口降車場
新井薬師駅北口降車場バス停





今月発売のバスマガジンvol.25(三推社●講談社)の記事で、関東バスのHIMRが1台、10月中に引退する記事が掲載されていました。
東急バスに続いて民間事業者2社目に導入されたHIMR。
殆どの事業者が純正ボディで導入されたのに対し、あくまで関東バス伝統の富士重工3扉で導入され、全国的に注目された車輌。
その車輌も、車齢13年を迎えついに引退を迎える事に・・・・・・

関東バスD8001
D8001<練馬22か65-11> 型式:U-HT2MLAH ※江古田駅 '07/03/18


引き続き、D8002が残る見込みですが、こちらも車齢12年ということも踏まえ、来年で引退と言う事も・・・・・・
なお記事では中野駅発着中心と掲載されていますが、D8001の稼動を殆ど確認できていません。
D8002のみ稼動している確認は出来ています。
ハッピーマンデー制度が始って何年が経ったのでしょうね。
施行されてからというものの、小さな街の商店街は閑古鳥が泣いてしまっています。
誰が、ハッピーマンデーなんて考えたのでしょう。
今月は、9月15(土)・16(日)・17(敬老の日)で22(土)・23(秋分の日)・24(振替休日)。
そして東京都内の学校は、29(土)・30(日)・10/1(都民の日)と3連休が入り、10月6(土)・7(日)・8(体育の日)と4週連続で3連休が続きます。
まあ、サラリーマンは10/1は関係ありませんが、3連休がやたらと入ると、仕事に実が入らなくなるのでは?
昔みたいに日にちよる暦に戻して欲しいです。

はっきり言って、ハッピーマンデー為らぬバッドマンデーです。


今日大井町に出向いた際、東口で目撃したラッピングバス。
これって、他では目撃していないラッピングなので、ここだけなのかなぁ~

A-M244
A-M244(品川)<品川200か11-95> 型式:PJ-KV234L1 ※仙台坂
大和ミュージアム(広島県呉市)ラッピングバス





全国でもここだけの関東バス“富士重+HIMR”。
D8001が事実上の休車になっている現在、唯一稼動しているD8002。
車輌自体が平成7年式の為、拘って毎日の運行を調べています。
本日は、[中12]で運行→江古田駅14:49発で入庫しています。

関東バスD8002番車
D8002<練馬22か66-82> 型式:U-HT2MLAH ※江原中野通り
江古田駅13:51発の運用。江原中野通りを14:00頃通過。
※江古田駅から実際乗車しました。

関東バスD8002番車
D8002<練馬22か66-82> 型式:U-HT2MLAH ※新江古田駅
江古田駅14:49発で入庫。新江古田駅を14:54頃通過。



しながわ水族館の無料送迎バスの車輌が、昨年新車に切り替わっていたため、2年ぶりに大井町に行ってきました。

東急バスE763番車
E763<品川200か15-81> 型式:PA-LR234J1改 ※仙台坂
東急バス荏原営業所の車輌は、いすゞエルガで導入されていました。

京浜急行バスSM3693番車
SM3693<品川200か15-80> 型式:PB-HR7JHAE ※仙台坂
京浜急行バス大森営業所の車輌は、日野レインボーで導入されていました。




以前の車輌
京浜急行バスSM1179番車
SM1179<品川22か46-29> 型式:U-HTS12G ※大井町駅東口 '04/10/31

以前は、専用のボンネットバスが京急と東急に各1台ずつ配置されていました。






関東バス丸山営業所の車輌ですが、一部で“PASMO”の幕が外されている車両があります。

関東バスD7004番車
D7004<練馬200か11-35> 型式:KL-HR1JNEE ※蓮華寺下交差点


上の画像は9/19に撮影したものですが、下の画像もご覧下さい。


関東バスD7004番車
D7004<練馬200か11-35> 型式:KL-HR1JNEE ※新江古田駅


この画像も9/19に撮影した車輌と同車ですが、こちらは9/2に撮影したものです。
このような車輌が画像のD7004番車の他に、D702番車・D705番車・D8002番車と、最近車体更新を終えたD701番車と全部で5台在籍しています。




しかし・・・
取り上げてみると、D8002番車以外は日野レインボーで、内3台が中型車というのが・・・・・・






1週間ぶりに、D8002が稼動。
[中41]に就いていました。

関東バスD8002番車
D8002<練馬22か66-82> 型式:U-HT2MLAH ※新井中野通り~北野神社(カンロ本社前)






都内の営業所で唯一PASMOが導入されていなかった池袋営業所も9/28より使用開始のお知らせがホームページで公開されていました。
これで、家の前を走るバスも100%PASMOが使用可能に・・・・・・



http://www.5931bus.com/pasmo/eria.html





恐らく、バスの撮影ポイントとすれば進めることは出来ないかと・・・・・・
場所は、環七通りから高円寺駅方面に入る右折ポイント。
幹線道路という観点から交通量が多く、タイミングが掴みづらいかと・・・
それでも上手くいけば、下記のような画像が出来上がります。
なお、画像は関東バスを掲載していますが、国際興業バスも共管路線[赤31]の関係で撮影可能です。

関東バスD701番車
D701<練馬200か・2 98> 型式:KK-HR1JKEE ※高円寺北二丁目付近


なお、車体更新で掲載している画像の場所は、[池65]も通りますが、撮影となると[高60]のみしか上手くいきません。
あしからず・・・


都営バスF-K629番車
8:45発の大泉学園駅行きで使用されたF-K629


都営バス練馬支所の車輌は殆どが固定運用されていますので、この車輌もダイヤ通り使用されたものと思われます。





関東バスの低公害バスですが、D8002についても9/13の運用を最後に運行されていません。
一応、仕事の合間を見て営業所に確認しに行っていますが、方向幕が取り付けられたままですので、廃車にはなっていませんが・・・・・・


関東バスD8002番車
9/13に目撃したD8002番車 ※新井薬師前



本日も、車庫で休んでいました。


関東バス丸山営業所初のノンステップバス、D701(型式:KK-HR1JKEE)が車体更新を終えました。

関東バスD701番車
D701<練馬200か・2 98> 型式:KK-HR1JKEE ※豊玉中町~豊玉中二丁目


更新にあたって、PASMOのステッカーが一時的にですが、剥されています。



京王バス東・中野営業所には、4台のUA460KAMが配置されていますが、唯一練馬駅に乗り入れている車輌は1台のみです。

京王バス東A49813番車
A49813<練馬22か72-97> 型式:UA460KAM ※練馬駅


他の3台は[S01副都心循環]で、専用のラッピングを巻いて使用されています。


国際興業バス練馬営業所に[赤01 練馬駅~環八~赤羽駅西口]が開業しました。

国際興業6104[赤01]
8:35発[赤01]赤羽駅西口行き6104番車 ※練馬駅


乗り場は、[上板01]が使用している1番停留所です。
なお今回の改正で、[上板01]が大減便(休日の練馬発で11時・14時・18時・20時台の運行がありません・また練馬始発が9時台・21時台は2便全て練馬北町車庫行き)[上板02]が廃止になりました。

[赤01]側面方向幕
[赤01]側面幕

後面方向幕アップ
[赤01]後面方向幕


今回のルートは、[上板01]と[赤02]のルートを足して2で割ったような感じのルートですが、[上板01]とは違い錦団地を経由しません。
また、練馬北町車庫を出ますと次の停留所が志村消防署とこの間、若木地区を通りますが、一切停留所をおかずに、相生地区までノンストップとなっています。志村四中から先は赤羽駅まで[赤02]と全く同じルートを通ります。
しかし、2つの営業所を通るルートも珍しいような気もします。

[赤01]案内板
練馬駅に出ている案内板

※そう言えばこの案内板、都営バスの運転士がくいるように眺めていました。
久しぶりに、新宿・渋谷方面に行ってきました。
随分行かないうちに、ラッピングバスも大幅に変更されているものです。
今回、掲載量が多く、モバイルからの影響も考え、画像はリンク方式にさせていただきます。
なお、渋谷営業所の車輌は全て渋谷駅東口で撮影しています。

B-H154(渋谷) ※LG電子(貼替)
B-K511(渋谷) ※St.GRANDE
B-K517(渋谷) ※TBSラジオ エキサイティングベースボール
B-K521(渋谷) ※最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学
B-K528(渋谷) ※広友リース株式会社
B-L661(渋谷) ※森美術館 ル・コルビュジエ展建築とアート、その創造の軌跡
B-L662(渋谷) ※報道ステーション
B-L701(渋谷) ※FIRE挽きたて微糖
B-L705(渋谷) ※日本総合地所VERENA(ヴェルーナ)
B-L707(渋谷) ※眠眠打破
B-L708(渋谷) ※Technos College
B-L712(渋谷) ※ミュージカル ウーマン・イン・ホワイト
B-M132(新宿分駐所) ※道路占用工事企業者連絡協議会
B-N294(渋谷) ※スイス政府観光局
B-N295(渋谷) ※SONOKO
E-H117(小滝橋) ※KOREAN AIR(貼替) 撮影:高田馬場駅
E-H118(小滝橋) ※東進ハイスクール 撮影:甘泉園公園
E-K472(小滝橋) ※JAやまがた 撮影:高田馬場駅
E-K477(小滝橋) ※TBSラジオ エキサイティングベースボール 撮影:小滝橋
E-K591(小滝橋) ※Be Escort 撮影:小滝橋
E-L666(小滝橋) ※AS KNOW AS 撮影:高田馬場駅
F-C165(練馬) ※ヨドバシカメラ 撮影:新江古田駅
T-B629(早稲田) ※NIPPN 撮影:甘泉園公園
T-C223(早稲田) ※讀賣新聞 撮影:甘泉園公園
T-H157(早稲田) ※VSN 撮影:学習院下~高田馬場(二)
T-L644(早稲田) ※讀賣新聞 撮影:学習院下~高田馬場(二)
T-L647(早稲田) ※キンカン 撮影:学習院下~高田馬場(二)

今回、森ビルで購入したB-L661~B-L663の内、L661とL662がラッピングが変更になりました。
L661は森美術館と一応は森ビル系のラッピングになりますが、L662が月~金の21:54からテレビ朝日で放送している“報道ステーション”のラッピングバスになっていることです。
まあ、テレビ朝日も六本木ヒルズに隣接していますからね。
森ビル側でO.K.でも出したのでしょうね。
そうでなければ、ラッピングの変更は出来ないはずですから・・・




久しぶりに、ニコタマへ。
しかし時間的に、無理があったかも・・・・・・

東急バスS6411番車
S6411(瀬田)<品川22か58-01> 型式:KC-MK219F
元東急コーチ、トップドア仕様。

東急バスS6423番車
S6423(瀬田)<品川200か・2 04> 型式:KC-MK219F
元東急コーチ、こちらはツードア仕様。

東急バスS399番車
S399(瀬田)<品川200か・8 39> 型式:KK-ME17DF改
新製配置は下馬、[玉05]開業に併せ、瀬田に転属。

東急バスS576番車
S576(瀬田)<品川200か16-94> 型式:KK-ME17DF
新製配置は川崎、[玉05]開業に併せ、瀬田に転属。

東急バスTA427番車
TA427(高津)<川崎200か・2 71> 型式:KL-HR1JNEE

東急バスTA428番車
TA428(高津)<川崎200か・2 72> 型式:KL-HR1JNEE
TOQ BOX号。電車だけでなく、バスにもあったのですね。

東急バスTA690番車
TA690(高津)<川崎200か・5 58> 型式:PA-MK25FJ
ニコタマに乗り入れる高津配置の中型は、ほぼ[向02 向ヶ丘遊園駅東口]行きで運用。

東急バスTA8717番車
TA8717(高津)<川崎200か・8 10> 型式:PKG-RA274KAN
今年導入されたRAワンステップ。[渋12]などで使用?

小田急バスD6023番車
D6023(狛江)<多摩200か・5 82> 型式:KL-MP37JK
ニコタマに乗り入れる小田急車は[玉07]と[玉08]のみ。


しかしニコタマで撮影していつも思うのですが、[渋12]がなぜ高津が担当しているのか?
瀬田を通るのであれば、わざわざ川崎に営業所を構える高津にしなくてもと・・・
あと、[玉06]も・・・・・・
瀬田よりも高津のほうがニコタマから営業所が近いのでしょうか?



東急バスSI605番車
SI605(下馬)<品川200か14-18> 型式:PB-RM360GAN


渋谷駅東口で下馬の車輌の見る事になるとは・・・
[渋71]が目黒から下馬に担当が替わっていたために、それまで日野車しか見られなかった東急バスが日デからふそう車まで見られるようになるとは思ってもいませんでした。
特にこのSI605番車は西口で結構目撃していた車輌だけに東口でお目にかかるとは考えてもいませんでした。

西武バスにも、“セレガーラ”が導入されていたのですね。
西武の高速は日デに拘っていたような気がするのですが・・・・・・

西武バス1644番車
1644<練馬200か15-28> 型式:ADG-RU1ESAN ※江原中野通り
J-BUS規格。扱いはいすずGARA。





都電7022F
7022F ※面影橋~早稲田間


日曜日に撮影した都電7022F。
7000形唯一の旧塗装の車輌ですが、どうせなら、シングルアームパンタにLED方向幕から、菱形パンタに電動式方向幕という組み合わせまで凝って欲しかったような・・・
いまいち、この塗装のLED方向幕は違和感を感じます。



本日は、年1回行なわれる食品衛生協会及び保健所による講習会の日でした。
会場は、毎年の事ながら“なかのZEROホール”。
講習内容は、毎年のように食中毒のこと。
今年は、その中でもウィルス性のノロウィルスの事でした。
はっきり言います、説明がわかりずらかったです。
講師が、東京都の人間でしたから・・・・・・


講習中
講習中の風景




9月1日、テレビ東京で放映されている出没!アド街ック天国で、地元新井薬師が紹介されました。
そのときの順位が

1位  新井薬師寺 梅照院
2位  薬師あいロード商店街
3位  トムス・エンタテイメント
4位  カンロ本社
5位  おもちゃ美術館
6位  パパブブレ
7位  尾崎尺八工房
8位  野村獣医
9位  味ノマチダヤ
10位 平和の森公園
11位 コード服装
12位 庭竹
13位 たきびの歌 発祥の地
14位 季の葩(ときのは)
15位 焼串(やくし)
16位 さくら
17位 刑務所作業製品販売ルーム
18位 若虎
19位 清香堂
20位 東京愛犬専門学校
21位 寺社巡り
22位 佐藤精肉店
23位 薬師ストリートガールズ
24位 レラ・チセ
25位 金子園
26位 いげた
27位 越路家
28位 金亀
29位 池の湯
30位 新井薬師の名水

アンダーラインが引いてある場所は、薬師あいロード商店街に店があります。
8/30の離脱?の記事を載せた後、2ちゃんねるの関東バス掲示板を見ていました。

私は、記事タイトルに“?”をつけたのをどのように理解したかを見るためです。
しかし、覗いてみたら“離脱”したような感じのレスが並ぶ始末。
即ち、“離脱”=“廃車”。
私は、ただ最近見かけ無い上に廃車の確認もしていないためにタイトルに“?”をつけ、本文も“離脱した可能性”と“可能性”に・・・。
本文にも“廃車になった”と一言も書いていませんでしからね。
つまり“?”マークをつけることにより、“後日確認してみます”の意味が含まれていたのですが・・・・・・

あまつさえ、ガセネタ扱いで“死ね”扱い。
まあ、このようなサイトをやっていれば、日常茶飯事ですから、気にするのも馬鹿馬鹿しいですし、このようなくだらないレスに反応するのも如何なものかと考えていますが、一応、文章を正しく理解できない輩への警告という意味で・・・・・・

しかし、自分の思っていた通りの反応でしたね。


先々週、[池07]に2047番車が入っていましたが、どうやら、車輌整備で代替運用されていただけでした。
まあ専属車1台であれば、致し方が無いですね。

国際興業バス1510番車
1510<練馬200か・1 46> 型式:KK-LR233E1 ※千川駅


しかし、1時間に1本のダイヤにラッピングバスというのも・・・・・・
いくら本社がある江古田に行くからって・・・・・・
ちなみに、池袋のクレバーは3代目(他は2代目)です。


離脱?で書き込みした情報の近況です。

本日、丸山営業所に行ってきました。
側道から見える範囲で覗いた結果、車輌自体は廃車になっていませんでした(廃車であれば、方向幕が外されますので・・・)。
ただ見えた範囲では、非常口付近の座席が倒されたままになっていることと、最近ラジオ?の取り付けが丸山営業所で始っていますが、車上アンテナなどが取り付けられていない状況から、運用に就くような雰囲気になっていません。
このような状況から見ても、離脱だけはしていると考えても・・・




以前、中野区に本社を構える企業として“丸井”と“カンロ”を紹介しましたが、実は世界規模で展開する“セゾンカード”も本社は中野区にあります。
場所は、目白通り上の江原町。
目白通りを練馬方面に向かっていると、進行左側に一際目立つガラス張りの建物が見えてきます。
それが、セゾンカードの本社になります。

セゾンカード
セゾンカード本社


バスを利用する場合は、関東バス[中12]系統を利用。“江原町一丁目”が便利です。

新目白通りは、以外にも本社を構える会社が多いことに・・・
一部紹介します。


ビックカメラ本部&白十字
ビックカメラ本部&白十字

どちらかと言うと、明治通り上に本部がありますが、場所的には新目白通りとの交差点になります。

大正製薬
大正製薬本社

あの“ファイトぉ~!いっぱぁ~つ!”の“リポビタンD”で有名な大正製薬。
本社は以外にも新目白通り上にあり、ビルを2棟構えています。

エステー
エステー本社

最近、社名を“エステー化学”から変更。
住所は下落合ですが、便としては高田馬場からのほうが便利?
西武新宿線の車内からも見えます。


千曲バス
千曲バス<長野200か・6 44> 型式:ADG-RU1ESAN ※高戸橋交差点
J-BUS規格。扱いはいすゞGARA。

越後交通
越後交通<長岡200か・・ 81> 型式:KL-RA552RBN ※高戸橋交差点

越後交通
越後交通<長岡200か・3 58> 型式:ADG-RA273RBN改 ※高戸橋交差点
尿素SRCシステムFRIENDSを搭載。

川中島バス
川中島バス40596<長野200か・5 96> 型式:ADG-RU1ESAA ※新江古田駅
J-BUS規格。扱いは日野セレガ。

長電バス
長電バス<長野200か・1 91> 型式:KL-RU1FSEA ※高戸橋交差点

長電バス
長電バス<長野200か・7 33> 型式:PKG-RU1ESAA ※高戸橋交差点
J-BUS規格。扱いは日野セレガ。

新潟交通
新潟交通<新潟200か・2 57> 型式:KL-RA552RBN ※高戸橋交差点

新潟交通
新潟交通<新潟200か・3 56> 型式:ADG-RU1ESAN ※高戸橋交差点
J-BUS規格。扱いはいすゞGARA。


池袋から発車する上信越方面の高速バスの殆どが関越経由で向かう為、明治通りと新目白通りの交差点から右折します。
タイミングさえ合えば、何とか撮影が出来ますが、会津バスや福島交通・JRバス関東などが新宿に向かう為に、被る確立も高いです。


都営に続き、西武バスを掲載。
とは言っても、高速車が中心。

A7-227
A7-227(練馬)<練馬200か17-87> 型式:PB-RM360GAN ※千登世橋
2006年の1台に続き、練馬に3台導入されたノンステップ。主に[宿20]で使用。

SEIBU-1709
1709(練馬→軽井沢)<長野200か・6 78> 型式:KC-RA550RBN ※高戸橋交差点
1997年式のRA。2006年に高原軽井沢へ転属。

SEIBU-1717
1717(練馬→軽井沢)<長野200か・6 23> 型式:KC-RA550RBN ※高戸橋交差点
1997年式のRA。2006年に高原軽井沢へ転属。

SEIBU-1293
1293(練馬)<練馬200か・6 52> 型式:KL-RA552RBN ※高戸橋交差点
2002年に導入。富士重工1Sを架装。

SEIBU-1417
1417(練馬)<練馬200か11-94> 型式:KL-RA552RBN ※高戸橋交差点
2004年の導入。
1293番車とは同型だが、富士重工のバスボディ部門の撤退で西工SD-Ⅱを架装。

SEIBU-1651
1651(練馬)<練馬200か16-68> 型式:PKG-RA274RBN改 ※高戸橋交差点
2006年の導入。
尿素SRCシステムFRIENDSを搭載。トルコンAT車。