本名(名字)にちなんだブログ名に変更
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2001年6月に北めぐりんが開業、2004年4月に南めぐりんが開業。
そして、今年4/29に東西めぐりんが開業しました。
ルートは、台東区役所を起点に東京国立博物館~三崎坂上~千駄木駅~三崎坂上~池之端~京成上野駅~上野公園~松が谷~浅草駅~新御徒町駅を通り台東区役所に戻ってきます。
1周が約75分と北めぐりん・南めぐりんに比べ30分ほど長く回りますが、1時間に4本の体制は北めぐりん・南めぐりんと変わりません。
車両は、平成16年の新短期排ガス規制車であるPA-ME17DFが導入。
北めぐりん・南めぐりんの車両同様、東京特殊車体で改造されています。
なお、国交省認定の標準仕様ノンステップバスになっています。


東西めぐりん
日立自動車交通1091番車/テプコ浅草館前~つくばエクスプレス浅草駅


スポンサーサイト
皆さん、最近の気象情報をどう感じていますか?
最終的に“天気は当たりました”。
しかし、その過程はどうでしょう。
必ずしも当たっているとは感じません。
むしろ、外れている確率のほうが高いです。
確かに、あくまで予報ですからズレというのは生じます。
けど、そのズレが大きいと商売をしているものからすれば、大きな損失が生まれます。
しかも、景気がホントの意味で回復しているかもわからない現実で財布の紐をきつく〆ている人が多いのですから、多大になってきます。
そもそも、天気と景気を結びつける事自体間違っていますが、最近の働いている商店街の人の流れがさっぱりなので、文句を言わせてもらいました。
テレ朝のドラマ「7人の弁護士」を見て一言。
井上和香の口紅。
自分の厚ぼったい唇と色が合っていない。
かえってきついイメージ。
女優を目指すなら、化粧の勉強をしろ!
今日の新聞のテレビ欄を見て・・・・・・

19:30から放送の世界卓球2006・女子の欄ですが、メーンキャスター:照英と書かれていました。
あれ?と感じたのはメーンの部分。
メインだと思うのだが・・・・・・


最近、上のステッカーをよく見かけます。
これは東京都が防犯抑止の目的で作成して物です。
当初は自治体や公共の工事車両などに貼られていましたが、とうとう路線バスにまで登場しました。
確認している事業者は、東京都交通局・東武バスセントラル・日立自動車交通・関東バス・京王バス・小田急バス・神奈川中央交通(都内営業所のみ)です。
今後も増えていくような感じですが、あまりにも目立つ色合いですので、バスのカラーとマッチしていません。
健康に・・・・・・の続きと言う訳ではないが、目が更に悪い方向に進んでいる気がする。
めがねを作り直すのも時間の問題のような気がする。
今のめがねは黒縁で自分でも似合っていないのが判るから、別のフレームにしなければ・・・・・・
また、度が強くなるのかなぁ~・・・・・・(タメイキ)
バス撮影ポイント紹介第4回目は、青梅街道・新橋通り交差点です。
場所は、鍋屋横丁交差点から青梅街道を新宿方面に進んだ場所で、近所には肉のハナマサがありますので見つけやすい場所にあります。
ここで撮影できるバスは京王バス東の小型ノンステップバスのCNG車です。
南武高齢者会館行きのバスがここで右折していく関係でバスは必ず一時停止しています。
交通量は多いですが、流れが切れた瞬間が狙い目になります。
下の写真は、その場所で撮影したものです。
なお、撮影できる車両はこの車両のみですが、検査時には同形式の一般車が投入されます。

D30351
京王バス東D30351番車


最近まで、私の部屋のベランダが鳥の糞で悩まされていた。
毎日掃除をして、空いている時間を使って監視。
日中は問題なし、寝る前も問題なし。
しかし朝起きてみると、糞が・・・・・・
これでまた掃除・・・・・・

確か以前、鳥が光物と磁力に弱い事を聞いた事がありまして、鳥が嫌う光物・・・(CD-ROM)を取り付け、磁石を敷いたところ、効果があったのか寄らなくなりました。

今の時代、CD-ROMもマグネットや磁石も100円ショップで売っているのが有難いですが、以外にも出費が重なるものですね。

以上、私の愚痴でした。


20060424144402
近所のパチンコ屋のライト。
自分たちだけしか考えていない気がします。
一度、向きを変えさせたことがありますが、車などの振動で、また道路に向いてしまったようです。
今回の千葉7区の補欠選挙。
思ったとおり民主党が議席を獲得しました。
やはり格差社会が生まれてしまっている昨今。
政府の方針に不満をもっている有権者が自民党を支持しない構図が見て取れます。
自民投票の殆どは創価学会などの組織票ではないかと思います。
しかし、それと平行してあまり目立ちませんでしたが、岩国市長選挙。
厚木からの移転反対派の人が当選。
政府にとっては頭の痛い問題では?
バス会社にはそれぞれコーポレーションカラーがあり、どの車両であっても、カラーは絶対といっていいほど統一されています。
その中で、あまり見かけないせいなのか、車両とカラーがマッチしない感じが下の写真の車両です。

D556
小田急バス狛江営業所D556番車/狛江駅南口付近


車両自体は2003年に導入されたKK-ME17DFですが、一度も目撃した事が無かったので違和感を感じてしまいました。
どうやら、[狛12 狛江駅南口~宇奈根]の専用車のようですが・・・・・・

町田市のコミュニティバス用にPA-ME17DFが導入され、玉川学園駅循環で使用されています。
この車両は、恐らく新規制になって初のCNG車だと思います。

玉ちゃんバス
小田急バスF566番車(町田営業所)/夕日ヶ丘~玉川学園駅


車両の存在自体は小田急バスを扱っているファンサイトで情報は入っていましたが、場所が町田のほうでしたので、なかなか足を伸ばす事が出来ませんでした。

なお来週は、台東区コミュニティバス“東西めぐりん”の撮影と、できれば茨城県の石岡まで足を伸ばして、三菱ME車(ここは関東鉄道バスではなく関鉄グリーンバスなので)を撮影できたらと思います。
最近、また自民党のCMが流れるようになった。
衆議院千葉7区の補欠選挙が公示されてから頻繁に流れている。
千葉7区限定なのだからVHFに流さずにUHF(千葉テレビ)や千葉県内のケーブルテレビ限定で流せばいいのに・・・・・・
東京の人間には関係ないじゃん!!

突然ですが、道路交通法に掲載されている飲酒運転の定義に自転車も含まれているのはご存知だろうか?
殆どの人は知らないと思う。
今回改正され、自転車の飲酒運転にも前科が付くようになるそうで・・・
普通、飲酒運転と言うと自動車や自動二輪という頭があるが、全ての車両が対象となるため、自転車や果ては三輪車などにも適用される。
自動車や自動二輪は免許があるため、切符を切られるが、自転車には免許無く乗れるため、切符制度が無く、違反すればその場で罰金ということになりかねない。

では、なぜ突然このようなことを書き始めたのか。
以前・・・道路交通法の改正前、江古田で飲んだ後、自転車で帰宅中に警官に呼び止められたことがあるからだ。
このときは注意された程度で済んだが、今回の改正で罰金や懲役がつくとなると“前科”がつくため、注意を促す意味で書いたもの。
勿論、私は以後酒が入る席では自転車の使用はしていません。

飲食店で働いている身、自転車で来店した客がビールなどを注文した時は出さざるを得ない状況だったが、これからは勇気を出して断ることも必要なのかも知れない。
東京新聞の記事によると、中野サンプラザを10年後にも解体し、新たに商業・オフィスビルなどの複合施設にする計画が出ているとでていました。
昭和48年にオープンし、中野区のシンボルといってもいいサンプラザ。
中野区民だけでなく、多くのミュージシャンが“聖地(ホント聖地は日本武道館)”と言ってもいいぐらい利用されているだけに寂しい感じがします。
また、芸能コースがあることで有名な堀越学園の卒業式にも利用されている施設だけに今後の計画が気になっています。
今回は“ラッピングバスを紹介します”と言いたかったのですが、事業主を検索したところ、素直に喜べない事情が出てきていますので、カテゴリを未分類で紹介します。

今回のラッピングバスは“杉並公会堂”で、事業主がPFI杉並公会堂㈱、運営会社が㈱京王設備サービスになっています。

ここで注目して欲しいのが事業主のPFI杉並公会堂㈱です。

PFIとは“独立採算型の運営”を意味するそうですが、果たして運営が成り立っていくのか疑問に思います。
そもそも、杉並公会堂と同じような施設が中野サンプラザや中野ZEROホール(旧中野公会堂)などもあり、規模からしてもそちらに流れていく可能性もあります。
また、場所が駅から中途半端(四面道交差点付近)にもなり、返って駅近の施設に集中的に流れていく可能性もあります。

今回、ラッピングバスとして確認しているのはD7001とE3484のみですが、杉並区に路線を引く営業所に施工されている可能性もあります。

杉並公会堂

13,860円。
これだけでは何のことを言っているのか理解できないでしょう。
実は今年から支払う国民年金保険料の金額です。
昨年、13,300円から13,580円と280円値上げしたのに、今年もまた280円の値上げ。
通知書を見ると“毎年280円ずつ値上げします”と書かれていました。
ということは、来年には14,140円に・・・・・・

保険料を食いつぶしている役人がゴロゴロいるのに、改革もしないで年金だけ値上げして徴収する国も何を考えているんだ!

目に見える改革をして初めて保険料の値上げをお願いするのが筋ではないのか?

今回は自分自身に愚痴!
最近、眼鏡が合わない感じがしている。
というのも、街中に氾濫している数字のフォントが見難くなっているからだ。
裸眼で左0.3・右0.1。眼鏡を掛けてやっと0.8の状態。
しかも乱視が入っているから、尚更きつめに作られている。
にも関わらず、見難くなっているということは視力がまた悪くなってしまったのだろうか?
兎に角、5と6と8と9に見難さを感じてしまっています。

また、眼鏡を作り直さないと思うと、ため息が出てしまいます・・・・・・ハァ(__;
いよいよ、花王メンズビオレのCMがオンエアーされます。
今回のCMは、すでにmammastar Topicsでも紹介されているように関東バスが使用されています。
間引き運転や事故など暗い状況の中での起死回生になればと思っています。
なお、ネット上でも公開されていますので、アドレスを載せておきます。

花王公式ホームページ
メンズビオレ公式ホームページ
メンズビオレCM

なお関東バスは、デオドラントスプレー編に登場します。
昨日、はるかぜラッピングバスの情報を流しましたが、もう1つ、不思議に思った事を書きたいともいます。
それは、京成バス金町営業所の管轄路線[綾01 綾瀬駅~亀有駅・社会教育館]の路線に使用されている車両が他路線に比べ、ギャップが激しく感じましたので紹介します。

K'sei8041K'sei8211K'sei8154


(左)社番8041←N041
平成10年式のKC-RX4JFAAで、新製配置は長沼です。
(中)社番8211←E109
平成12年式のKK-LR233J1改で、新製配置は江戸川です。
(右)社番8154
平成13年式のKK-LR233E1で、アイリスループ(金町駅北口発着)の専用車です。

殆どは左と中の写真の車両で運行されていました。
リエッセが亀有駅・エルガミオが社会教育館と言うような感じで使用されていますが、リエッセも社会教育館へ、エルガミオも亀有駅へ行っていると思います。
そして、右の車両ですが、本来は金町駅北口発着のアイリスループに使用されている車両ですが、2年程前にたまたま[綾01]で使用されていたものを撮影しました。
恐らく、リエッセの代車で運用されていたものでしょうが、本来は使用されることが無い車両もサプライズ運用される路線であることに間違いはないと思います。
本日、所用で浅草に行っていましたので、久しぶりに足立区のコミュニティバス事情を調べてきました。
その際、日立自動車交通担当の車両にラッピングバスが登場。
媒体は“ケーブルテレビ足立”です。
なお、足立区のコミュニティバスの車両は全てコーポレーションカラーになっており、足立区のコミュニティバス専用のカラーが存在しない事からラッピングが可能になったと思います。

ケーブルテレビ足立
1056番車・こども家庭支援センター



足立区のコミュニティバスは5路線確認してましたが、今回[北千住駅北口~江北~加賀~鹿浜五丁目]の路線と[梅島駅入口~足立区役所~六町駅~六ツ木都住~八潮駅北口]を確認。第2段として登場した[綾瀬駅バスターミナル~六ツ木都住]の路線は一部便で八潮駅北口まで延長されているのを合わせて確認してきました。
北千住~鹿浜は新日本観光自動車が、梅島~八潮は東武が担当です。
綾瀬~八潮は従来どおり朝日自動車が担当になっています。
なお八潮まで乗り入れる関係で、六ツ木都住~八潮駅までは距離別運賃になります。
関東バスがサービスとして開始したナビゲーションシステム。
しかし、便利かと思いきや欠点露呈。
実は、接近するバスの時刻を表示するだけで系統番号の表記が無し。
自身の最寄停留所が新井薬師駅だけに中野に出るだけでも3系統2ルート。
例え系統番号が出なくても経由地表記があると非常に助かるんですが・・・
ちなみに、国際興業バスや西武バスといった共同管理の相手先は対応していないようで・・・・・・
スーパーなどの広告でよく見かけるタイトルのフレーズ。
なにも、広告だけに限りません。
インスタント食品のパッケージにも書かれている場合があります。
では今回、どうしてこのタイトルをカテゴリ“愚痴”で書くのか・・・・・・

それは、日曜日に買っておいたカップラーメンを今朝食べたのですが、パッケージには豚トロ肉6枚入り、パッケージ写真もイメージと書かれていたので写真のように立派な肉は入っていないだろうと高をくくっていました。
そうしたら、開けてビックリ。写真よりもさらに小さいトロ肉が6枚だけ入っていました。
スープもトンコツベースと書かれていたにも関わらず、トンコツスープという感じがしない。
幾ら写真はイメージですと言われても、あまりにも酷すぎるものでした。
メーカーも業界では大手の会社。
あまりにも消費者を馬鹿にしていると思います。
日清のカップラーメンのほうがまだマシですよ。
第3回目は土支田交番付近を紹介します。
ここでは、国際興業バス・西武バスの撮影が出来ます。
撮影ポイントが2箇所あります。

まず1箇所目は笹目通り沿いにあるコジマ電機の付近です。
交通量は激しいですが、車の流れが切れた瞬間に撮影すると綺麗なアングルでバスの公式側の撮影が出来ます。
こちらですと、国際興業バスと西武バス練馬・上石神井・高野台の営業所の車両が撮影できます。
下の写真は、西武バスA5-41番車です。

A5-41


2箇所目は笹目通りと光が丘通りの交差点にある交番の前からです。
一見、交番常駐の警官から怪しい目で見られるかもしれませんが、この場所ですと、国際興業バスと西武バス高野台営業所の車両が綺麗に撮影できます。
やはり、交通量が激しいのでタイミングが難しいですが、撮影できればやはり綺麗にファインダーに収まります。
下の写真は、国際興業バス6602番車です。

6602


ちなみにこの場所は東京都練馬区と埼玉県和光市の県境になります。
最近の都営バスのラッピングを見ていると、部分広告・・・パートラッピングがやたらと増えてきています。
従来は下町を走るバスに多数見られましたが、最近は練馬(広告終了)や巣鴨・北・杉並といった練馬ナンバーを付けるバスに拡大してきました。
新宿に乗り入れをしている練馬や杉並の車両に関しては都庁を通らないということで導入していますが、都庁を通る新宿分駐所では絶対見られない広告形態です。
下の写真は杉並支所のD-N321番車でなんとキリンビバレッジの広告です。
ちなみに、巣鴨営業所の車両でも同ラッピングを確認しています。


D-N321D-N321
王子駅にて
TX開通後、初めてつくばまで行ってきました(流山おおたかの森までは乗車経験あり)。
改札を出てすぐに巨大バスターミナル。
ごちゃごちゃしているのかと思えば、意外にすっきり。
バスの撮影もしやすい場所でした。
今回の目的はコミュニティバスの撮影でしたので、コミュニティバスの車両を掲載いたします。

Kutsenits City Ⅰ for CNGMitsubishi MEIsuzu ELGAmio
つくばセンター(TXつくば駅)にて


(左)Kutsenits City Ⅰ for CNG
社番:1871YT/配置:関東鉄道バスつくば中央営業所/備考:センター循環専用
(中)三菱ふそう PA-ME17DF
社番:1905YT/配置:関東鉄道バスつくば中央営業所/備考:地域循環専用
(右)いすず PA-LR234J1
社番:1920TK/配置:関東鉄道バスつくば北営業所/備考:北部シャトル専用

つくば市のコミュニティバスは用途によって、車両を選んでおり、最短ルートを走るセンター循環(つくばセンター周辺を走る)はクセニッツのCityⅠを採用、環境に配慮してCNG(天然ガス)を使用、運賃も大人100円均一で設定しています。
地域循環線は市内を12路線に区分。公共施設を通るルートを設定、一部のルートをつくばセンター(TXつくば駅)に乗り入れています。運賃は200円均一で設定しています。
北部シャトルは、つくば市コミュニティの中でも長距離ルートになり、筑波山口まで乗り入れています。
その為、車両も9m車を採用、運賃も距離別運賃を採用しています。

以前、情報のコンテンツでピアラシティを紹介しましたが、バスの撮影ポイントしても最高の場所ですので再び紹介します。
撮影ポイントはバスターミナルの真向かいの歩道です。
この場所に乗り入れてくるのはマイスカイ交通・飯島興業バス・メートー観光・東武バスセントラルです。
乗り入れてくる車両の殆どは小型車ですが、東武バスは中型限定で、マイスカイ交通も三郷駅発及び三郷中央駅発のみ中型車の運行があります。
下の写真はピアラシティで撮影したマイスカイ交通S-006番車です。


S-006

第2回目は、新江古田駅を紹介します。
この場所は目白通りと区道江古田通りとの交差点になっています。
撮影場所は交差点にある中古車販売店の前になり、都営バス[白61]と関東バス[中12]が撮影できます。
都営バスの撮影もできる事で、以下の車両形式の撮影が可能です。

都営
KC-UA460HSN,KC-UA460HAN,KL-UA272KAM,KL-UA452KAN改,ADG-RA273KAN,PJ-LV234L1

関東
U-UA440HSN,U-HT2MLAH,KL-UA452KAN改,KL-HR1JNEE,PK-HR7JPAE,PK-JP360NAN,(KK-HR1JKEE)

下の写真は、ポイントで撮影した関東バスD6025番車です。


D6025

バス撮影ポイントの1回目は関東バスのRMワンステ・ノンステの撮影ポイントを紹介します。

ベストポイントは荻窪四丁目交差点です。
忍川橋停留所を出たバスは左折し環八通りにでます。
その直後、車線をバス専用の右折車線に出ます。
対向車が結構多く、バス以外の右折が禁止されているポイント。
青信号中は一切バスは動けませんので、車の流れは多いですが、流れがきれた瞬間がシャッターチャンスになります。

なお、このポイントで撮影できる車両は、
KK-RM252GSN・KK-RM252GAN改・PB-RM360GANが主で、たまにKC-RP211GSNの撮影が出来ます。
なお、このポイントで撮影できるKK-RM252GAN改は西工96MCボディのみですので予めお断りいたします。
下の写真は、紹介したポイントで撮影した関東バスRMワンステップE323番車です。


E323

次回より“バスの撮影ポイント”を紹介したいと思います。
これは、普段バスの撮影をしたいが、どうしても非公式側ばかりの撮影になってしまい、公式側の撮影が出来ないという人の為に、立ち上げるものです。
なお管理人は中野区に住んでり、自転車を使っての撮影が殆どですので、基本的に中野区・杉並区・練馬区・新宿区・板橋区(一部)・武蔵野市・三鷹市といった部分になってしまいます。
結果取り扱いのバス会社は、都営バス・関東バス・国際興業バス・京王バス・小田急バス・西武バスになってしまいますので、ご了承願います。

最後に・・・駅(ターミナル)撮りは除かせて頂きます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。