本名(名字)にちなんだブログ名に変更
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年度末になるこの時期、警官も業務実績に支障を来たすのか、せこい点数稼ぎをしまくっている。
例えば、路上駐車。
路上駐車自体は違反行為ですが、家の近所に銀行のATMがある為によく駐車します。
一応、家はバス通り沿いにあるのですが、銀行に行く人はそのバス通り沿いに駐車する事になります。
一応、駐車は5分程度と短く、バスも大体10分間隔ぐらいで来るので駐車したとしても余程の無い限り、バス運行に支障を来たす事がありません。
しかし、ここで警官が来るとします。
事情聴取やら違反切符やらで、大抵10~20分はその場に停まる状態になります。
道路は車2台がやっと行き交う場所の為に、バスの運行に支障を来たします。
交番に常駐しているのだから、道路事情を知っているはず。
にもかかわらず、違反切符を切ろうとする。
明らかに点数稼ぎ。
しかも、対象にしているのが地方ナンバーの車と気の小さい人間ばかり。
強面の人間には一切行なわないその行動。
はっきりいって、弱いもの虐めそのものではないだろうか。
特に家の場合、バス通り以外の路上駐車があまりにも酷すぎるので、そちらを取り締まって欲しいくらいです。
スポンサーサイト
今年も桜の季節になりました。
私の地元中野通りも満開になり、一面桜並木になりました。
しかし、問題も・・・・・・
毎年恒例の中野通りの桜まつり。
記念すべき20回目の開催ですが、日程が4月の7日8日9日。
この時期満開ですと、祭りの時にはすっかり葉桜になっています。

そうそう・・・みなさんは中野通りばかりに目がいっていると思いますが、ちょっと寄り道もしてみてください。
意外な場所に桜が咲いていますよ。

BoA


上の写真は、去年の8月に撮影したBoAのニューシングルの時の宣伝トラックです。
これが、7ヶ月後には下の写真のように倖田來未のベストアルバムの宣伝に変わりました。
確か、BoAと倖田來未は所属レコード会社が違うはず。
恐らくは、個別で広告の契約をしているのでしょう。
しかし、このトラック。
ナンバーは見ずらくしましたが、奈良ナンバーなんですよ。


倖田來未

Commercial Message・・・・・・CMの正式名称。民間放送などで、番組の前後や途中に行う広告。

最近、テレビをつけているとやたらと消費者金融のCMが流れてるのを目にします。
勿論、それだけではありません。
しかし、消費者金融のCMが日中に流れるのを見て何を感じていますか?

別にどうでもいいのでは?

確かに“どうでもいい”と言う人もいるでしょう。
昨今、カード破産に陥る人、ヤミ金融に手をつけてしまう人の殆どは消費者金融でお金を借りた事があると思います。
消費者金融側でもきちんと本人に関する審査はしていると思います。
しかし、消費者が消費者金融に手を出すのはCMという一種のメディア広告にも原因があります。
そして無人貸付機が、氾濫してしまっているのも原因の一つではないでしょうか?
消費者金融もさることながら、年齢制限があるものに対する広告は一定程度の規制をかけるべきだと思います。
ある国では、年齢制限に関わる広告は時間帯を設けて流すと言うような法令があるようですが、日本もこういった形を取るべきではないでしょうか?
煙草の時のように、大掛かりになってでもやるべきではないでしょうか?

最後に・・・パチンコの広告も年齢制限があるものです。屋外広告・・・バスなどに広告を掲載するは如何なものでしょうか?
一連の偽メール問題での懲罰委員会。
永田寿康衆議院議員は自らの議員辞職はせず、懲罰委員会に出処進退を委ねると言っている。
しかし、これだけ国会を混乱させたのだから進退問題は自らの判断で決めるべきだと私は思う。
私は民主党を支持してきたが、永田寿康衆議院議員の行動に怒りを覚えている。
恐らく、民主党を支持している殆どの人が自らの判断で辞職すべきと思っているはずだ。
World Baseball Classicの日本優勝は嬉しかったのですが、
如何せん、商売のほうは踏んだり蹴ったりでした。
日中、殆ど人通りが無く、閑古鳥。
閉店まで影響が出てしまいました。
それでも、準決勝の韓国戦よりかは幾らかはマシでしたが・・・・・・

これで、サッカーのWorld Cupが始ったらどうなってしまうのでしょう・・・
昨日、JR-東武の直通特急が開業しました。
これで、東京の西部から日光・鬼怒川などの観光都市へ1本でいけるように・・・
便利になりました。
しかし、以前は関東バスと東武バスの共同運行で新宿から東武ワールドスクエアを経由して日光や鬼怒川温泉方面に高速バスがありました。
が、利用者がすくなく、あえなく廃止と短命に終わってしまっています。
東武側からすると、新宿・池袋に路線を引くことは長年の夢だったようで、今回の件は東武側から話が出たようです。
JRも日光へ路線はありますが、あえて東武に乗り入れを行なったようです。


スペーシアきぬがわ号100系:池袋駅撮影


jr485.jpg
JR485系きぬがわ・日光:池袋駅撮影


for.jpg
きぬがわ号の方向幕:新宿駅にて


平成の大合併(勿論市町村合併の事)ではないが、金融機関の合併も結構頻繁になってきてしまっています。
サラリーマン時代、経理をしていましたので、金融機関に関してはちょっとは詳しいです。
そこで、合併した銀行。
以前の銀行名を記してみたいと思います。

みずほ銀行・・・第一勧業銀行・富士銀行
みずほコーポレート銀行・・・日本興業銀行
みずほ信託銀行・・・安田信託銀行
三井住友銀行・・・さくら銀行(太陽神戸銀行・三井銀行)・住友銀行
中央三井信託銀行・・・中央信託銀行・三井信託銀行・北海道拓殖銀行(一部)
住友信託銀行・・・住友信託銀行
三菱東京UFJ銀行・・・三菱銀行・東京銀行・三和銀行・東海銀行
三菱UFJ信託銀行・・・三菱信託銀行・東洋信託銀行
りそな銀行・・・あさひ銀行(協和銀行)・大和銀行
埼玉りそな銀行・・・あさひ銀行(埼玉銀行)
新生銀行・・・日本長期信用銀行
あおぞら銀行・・・日本債券信用銀行
自分が使っている携帯電話FOMA SH900i。
実は、パケット通信をよく使うにもかかわらず、パケ・ホーダイにしていなかったため、毎月万円単位で請求が・・・・・・
これでは“イカン”と言うわけでパケ・ホーダイに変更。
ついでにデュアルネットワークサービスのほうもMOVAを殆ど使用していないためサービス廃止に・・・
これで、幾ら金が還元されるのだろうか・・・・・・

C2111番車


今や関東バスの代名詞ともなっているゼッケンバス。
今回、関東バスの一連の不祥事が大々的に報道されたがために、新規クライアントの1つ、JA全農いばらきが撤退を表明してしまいました。
詳細は、mammastar Topicsに掲載されているので省略させて頂きます。

しかし私から言わせていただくとすれば、JA全農いばらきの人は東京の道路事情をどれだけ把握しているのだろうか?
茨城県内のメインストリートの殆どは広く、バス通りなんかも結構広く整備されている感がします。
それに比べ、東京は建物が密集してしまっている為、道路の拡張も出来ない状況、プラスして車の往来が非常に多いため渋滞し、バスの運行に支障をきたしてしまっています。

JA全農いばらきの人は、不祥事続きの会社に広告を出す事で風評被害が発生すると言っていますが、逆に東京の人間からすれば、東京の道路事情も知らないくせに文句ばかり言うなと茨城県産の青果の風評被害より、JA全農いばらきの体質への風評被害が大きいと感じてます。

まあ風評被害自体の考えは人それぞれですが、少なくともお役人に対する行動に批判が出そうなのも否定できませんね。

e1144.jpga1147.jpg
<左>E1144番車<右>A1147番車






このBlogは携帯から見ることができます。
携帯で見る場合は、下記のアドレスを入力してください。

http://mhr.blog13.fc2.com/?m


1995年。
武蔵野市が全国の先駆けとして登場したコミュニティバス"ムーバス"。
それから、全国に登場しています。
また、車両も一般路線系と区別し、独自デザインを採用し、それがコミュニティバスのポートレートカラーとして定着しています。

しかし今回、コミュニティバスの命ともいえるポートレートカラーをこともあろうにラッピングをしてしまった自治体が表れてしまいました。
2000年に運行を開始した杉並区の"すぎ丸"。
ここのコミュニティの特徴はキャラクターの色が車両ごとに塗り分けられています。
その特徴が近隣住民に受け入れられ、すぎ丸のコーポレートカラーとして定着しています。
ただ、ここのコミュニティの問題は外枠広告が設置され、一般企業の広告が入っている事です。
しかし7台の在籍中、2台にラッピングが施されてしまい、ポートレートカラーとしての役割を果たさなくなってしまいました。
しかも、ラッピングした上に外枠広告をそのまま残したため、問題が発生しました。
コミュニティバスが走る場所と言えば、住宅街を擦り抜けるように走っていることです。
狭隘な住宅街を擦り抜けて走るコミュニティにラッピングの効果があるでしょうか?
しかも一般企業の広告を入れて走ることがコミュニティバスとして正しいでしょうか?
そんなことを考えれば、自ずとラッピング広告の効果があるかないかはハッキリすると思います。
また、外枠広告の必要性も自ずとわかってくると思います。
ある意味、コミュニティバスにラッピングをしない・外枠広告を入れないのは暗黙の了解になっているのではないでしょうか?
今回すぎ丸のラッピングを手がけたのは、社団法人東京屋外広告協会にも名を連ねている大手の広告代理店です。
協会に名前を連ねているのであれば、常識的にもわかっていると思いますけど・・・・・・

ただ外枠広告を入れて走っているコミュニティには、台東区のめぐりんがありますが、こちらは路線の半分程が幹線道路を通っている為、一般路線バスとなんら変わりません。
車両もすぎ丸のようにリエッセなら問題かもしれませんが、日野HR(KK-HR1JEEE)と三菱MJ(KK-MJ26HF改)を使用していますので・・・・・・
[爆走トロピカル]の内容から・・・・・・
広告屋の宣伝を・・・云々・・・・・・

別に広告屋を宣伝している訳でなく、ラッピングバス車両を掲載しているだけにも関わらず、この仕打ち。
東京ママスターは広告屋ではなく、"西荻ビール園"というダイニングバーが本業。
☆バスがヒットした関係で広告業を始めたわけですから、元から広告屋を宣伝していた訳ではありません。
しかし、ゼッケンバスがこれだけ街中にお目見えし、それをHPに載せる為に撮影している訳ですから、宣伝をしていると取られも致し方がないのでしょうが、☆バスのHP開設以前から☆バスを掲載している訳ですから、広告屋の宣伝をしているという意識は持っていません。
2chの中で☆バスの本業を知っている人はどれだけ居るのでしょう?
殆どの人は知らないで書いていると思います。
多分、"広告屋の宣伝・・・云々"と書いた人も・・・・・・
今回の関東バスの間引き運転問題。
確かに利用者からすれば不満爆発と言ったところでしょう。
わかっているだけで800本が間引きされていたのですから・・・・・・
問題は運行ダイヤを本社主体で作成していたことです。
道路事情を把握できはずも無く、ただ本数を確保すればいいみたいな感じにも見えます。
だいたい道路事情を把握しているのは営業所であって、ダイヤ自体も営業所主体で作成すれば今回の問題は発生しなかったのではないでしょうか?
今回の被害者は利用客でありますが、そのつぎは真面目に働いている乗務員・・・つまり運転手だと思います。

しかし、朝日新聞は関東バスばかりに攻撃をかけているようですが、関東バスがにくいのでしょうか?
テレビのニュースでもテレビ朝日が大げさに報道しているように見えてしまうのですが・・・・・・

一応、朝日新聞のサイトを載せておきます。

http://www.asahi.com/national/update/0306/TKY200603060199.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。