本名(名字)にちなんだブログ名に変更
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
100_3096
ベビーカーマークが掲げられている2016年導入の関東バス


“電車でベビーカー”反対2割 意識調査 -Yahoo!ニュース-
ベビーカーマークの意味「知らない」64% 内閣府調査 -日本経済新聞-
電車などのベビーカーマーク、認知度上がらず17.4% -Yahoo!ニュース-


スポンサーサイト
昨日からスマホゲーム「ポケモンGO」の日本配信が開始されました。
が、このゲーム、今問題になっている"歩きスマホ"を助長させるゲームという認識を自分自身感じ持っています。
そもそも自分自身"アンチ"スマホ人間です。
携帯電話会社からスマホに切り替えてくださいと言われないかぎり持ちたいとも思いませんし、歩きスマホをしている人間を見ていると、蹴飛ばしてやりたい衝動が頭の中で沸き起こります。
実際、行動に起こしたら犯罪になるので抑えることが出来ますが、実際、街中を歩いていると、夢中になりすぎて周りが見えているのかと、ドップリ自分の世界に入り込んでいるんではないかと思ってしまいます。
昨日、幹線道路の歩道の車道寄りをゆっくり自転車を走らせていたら、やっぱりスマホに夢中で周りが見えていない若者とぶつかりそうになりました。
普段からそういった光景にあたるのに、ポケモンGOの配信開始で更に危険度が増す感じがして戦々恐々としています。
なぜ任天堂は、あえて歩きスマホを助長させるようなゲームを開発配信させたのでしょうか?
CEOのGOサインが出たのであれば、残念でなりません。


平成28年熊本地震が発生して17日。
被災された方にはあらためましてご冥福を申し上げます。

さて今回、熊本地震で気になったのは、避難している方々のこと。
中にはペットを連れて避難をされている方をニュースなどで拝見しました。
ペットを飼っている人からすれば、ペットは家族。
このフレーズは、以前このブログでも書いている記憶があるので割愛させていただきますが、体育館や公民館など不特定多数の方が一つの建物で避難生活を送る中で、中には動物アレルギーを持っている人だっているはずです。
私自身も軽度ではありますが持っており、外などの空間であればある程度は我慢は出来ますが、限られた閉鎖された空間ともなれば、状況は変わってきます。
ペットを飼っている人からすれば、"アレルギーを持っている人がその場から離れればいいだろう"と思っている人はいないと信じてはいますが、中には少なからずいるかもしれません。
ペットを連れて来る来ないはその人の判断でしょうが、災害時には見捨てる勇気も必要かと思います。
それが野生化してしまう問題も孕みますが、直後で避難を余儀なくされた状況時は連れて来るのではなく、見捨ててくる勇気を持ってほしいと思います。
それでも連れてきたいというのであれば、避難所に避難するのではなく、自家用車で避難生活を送ってください、どうか…


SKE48 松村香織の単独でCM起用が決定


アパートのポストに「平成27年国際調査インターネット回答の利用案内」が投函されていたので、インターネットで回答しました。
インターネットでの回答は9月20日までで、以降は調査員が1軒1軒回って調査用紙を配って回るそうなので、懸念を抱いている人はインターネットで回答するのもいいと思いますし、利点としては『国際調査を装った「かたり調査」』にも引っかからないことだと思います。
ちなみに今回の調査で、私自身住所は変わりましたし(同じく無いですが)、一人暮らしになりましたし(前は親と同居でした)、仕事も変わりました(家事手伝いからフリーター)。


大阪府の高槻市で中一女子が柏原市で中一男子が遺体となって見つかった事件。
夜中に外出していたことで起こったものと考えていますが…

ただ最近ふと思うことが…

働いている時間が夜11時までなのでリアルタイムで思うのです。
それは夜遅い時間にも拘らず、子どもをつれて平気で買い物に来るということです。
中学生?…小学生?…いえいえ幼児なんです。
そう…親が幼児をベビーカーに乗せて…
自分が子どもの頃だと考えられない光景ですが、今の時代は当たり前なのでしょうか?


九州電力川内原子力発電所の稼動が開始されました。
反原発団体が抗議活動をしていますが、抗議活動をするのであれば、自身の電気に対する考えを以って行動をしていると推測しています。
私自身、安全基準が明確に提示され、その基準に合ったのであれば、稼動すべきと思います。
確かに東日本大震災で、東京電力福島第1原子力発電所が大事故を起こしてしまいました。
それにより、周辺に放射能が漏れ、除染もままならない状況に陥りました。
あの事故を思えば、原発は稼動すべきではないと考えるのも判らなくもありません。
しかし、火力発電に頼るのも一つ問題があります。
火力ということは燃料が必要になります。
その燃料も輸入に頼っていますが、それよりも燃料を燃やすことによって、熱が大量に発生し、さらに温暖化が進むということです。
反原発を唱えている人は、火力で賄えるだろうと考えているようですが、燃料を燃やすことによって発生する大量の熱をどう考えているのか、燃料を輸入に頼っているが故、為替の変動によって生じる不安定なコストによって跳ね返ってくるであろう電気料金を考えているのか、それを知りたいです。

まあ、自宅に太陽光発電などを設置している人が反原発を唱えているのであれば、まあある程度は納得しましょう。
ただたんに、火力・火力と唱えているのであれば、地球温暖化のことを考えているのかと問いただしてみたいですね。


朝ブログで掲載した記事を追記したいと思います。

今回の件で、乙武さんはツイッターで店の対応を批判したようですが、これが返って乙武さんに対する批判が強まったと聞きました。
乙武さんは、「この店の評判がいいと聞いたので食べてみたかった」ということですが、その店が自分が懸念していた小さな店だったようです。
しかも、その店が入っているビルはエレベーターは設置されていましたが、その店が入っている階には停まらない造りだったようです。
ツイッターの返信の中には、「その店を潰す気か」「営業妨害するな」などと書き込まれていたようです。
これも、先に書かせていただきましたが、「車いす」だからなんでもかんでも法律によって守られるとはいっても、限度があります。
特に乙武さんのように「五体不満足」で車いすも特殊仕様となれば、重量も普通の車いすとは違います(聞いた話では100kgだそうです)。
となれば、エレベーターが停まらない階にある店に行こうとする考えが信じられませんし、理解が出来ません。
評判がいいというだけで、店の造りを考えずに行動することも止めていただきたいなと思います。
そう…それがトラブルの元になり、両者共に後味が悪いものになりますので…


乙武さんの「銀座の屈辱」で議論沸騰 「車いす」を理由に入店拒否できるか?(弁護士ドットコム)

この問題、飲食店にとっては永遠の課題ではないでしょうか?

記事の中で、
「憲法14条は、法の下の平等をうたっており、障害者基本法4条は、『何人も、障害者に対して、障害を理由として、差別することその他の権利利益を侵害する行為をしてはならない』と規定しています」

つまり、「車いす」という理由で、店側は入店拒否することは出来ないということになります。

ただ乙武さんのほうにも落度があり「車いす」ということを伝えていなかった点を踏まえると、一方的な店側の責任というのは問えないと思います。
今回はたまたまこのような問題に発展しましたが、事前に「車いす」ということを伝えておけば、店側はそれなりの対応をしますといっているので、法的に障がい者は守られてはいますが、だからといって事前に「自分は車いすを利用しています」などといったことを通達せず入店しようとするのは、障がいを持っている人にも考えて欲しい問題だと思います。

まあ利用する「車いす」の人はいないとは思いますが、カウンター10席程度のこじんまりとした店ですと、幾ら法的に守られているとはいえ、断ざるを得ないと思います。


ベビーカー利用に統一ルール=電車・バス内、優先マークも―国交省

以前から気にはなっていたベビーカーの利用について。
確かにバス・鉄道事業者ごとのルールがバラバラで、何とかならないのかと思っていたところで…
特にこれだけは辞めてくれと思っていたのが、赤ちゃんを抱っこしてベビーカーを荷物置き場として利用しているケース。
赤ちゃんを抱くんだったらベビーカーたためよと思っていたので、この部分もルールとして考えて欲しいものです。
まあベビーカー優先スペースを設けることを考えていただけるのであれば、それはそれで有難いことですが、鉄道は出来るとしてもバスは無理があるように感じます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。